心筋梗塞やがんなどの病気│HURRY治療でHAPPYに

サプリメント

心臓の血管

心筋梗塞とは何か

心筋梗塞は心臓に酸素や栄養を送っている冠動脈という血管が詰まり、心臓を動かす筋肉が壊死してしまう状態です。心臓の筋肉が壊死するという事は全身に血液を送っている心臓の役割が低下する事になりますので命に関わる大変危険な病気なのです。 心筋梗塞の原因は動脈硬化が深く関係していますが、その動脈硬化をもたらす要因として梅毒や大動脈解離、糖尿病など血液が流れている血管に悪影響が出るものがあります。 心筋梗塞は狭心症のように薬で心臓の血管を拡張すれば治まるような状態ではなく胸部の痛みも長く続く事になります。さらに心筋梗塞は、ある日突然発症する事も多く、高齢者などでは胸部の痛みを感じない事もある事から、日頃の健康管理などが大切になります。

発病に関係あるもの

心筋梗塞につながる恐れのあるものとして、喫煙や高血圧、肥満、ストレスなど生活習慣と関わりの深い状態が多く見られています。さらに女性よりも男性に多く、歯周病から菌が血栓を作り心筋梗塞を発症すると言った事もあります。 これらは生活の改善によって防ぐことが出来ると思います。定期的な健康診断を受けるなど医師と相談しながら心筋梗塞のリスク要因の解消を心がける事が大切です。 さらに同じ虚血性心疾患に位置付けられている狭心症から心筋梗塞につながる恐れもあります。何度も胸の痛みが発生するようになったり、労作時に胸が苦しい状態がひどくなった場合には、心筋梗塞の可能性を疑って積極的に医師に相談する事が大切です。狭心症の薬では心筋梗塞は解決しないのです。