心筋梗塞やがんなどの病気│HURRY治療でHAPPYに

サプリメント

直腸がん

欧米化した食事が一因となっています

直腸がんは、近年日本でも増加傾向にあるがんの一つです。こういった傾向の背景には食生活の変化が関わっているとされており、現在では食事の見直しが推奨され始まっているのです。年代を問わず最近では欧米化した食事をとるケースが増えてきました。肉や卵、加工食品を摂取する率が増え、口当たりの良い食品を好む傾向が多く見られるようになったのです。 このような食生活の変化は、腸内環境の悪化を急速に促しました。その結果、現在では便秘や習慣性の下痢といった症状に悩まされる方が増えているのです。食物繊維の少ない食事が、様々な悪影響を与えています。直腸がんと診断される方も昨今は増加しており、食生活の改善は急を要する問題となっているのです。

便の停滞ががんを誘発しています

直腸がんは、大きく分けると大腸がんの一つに分類されます。直腸は大腸の中でも肛門に近い部分を指し、便の状態によって出血などを起こしやすい部位と言えます。実際、直腸がんの自覚症状の一つには肛門からの出血が挙げられており、排便時の症状には気を配る必要がある訳です。昨今では痔との鑑別が非常に重要とされています。 直腸がんは、習慣的な便秘などによって便が腸に停滞した状態が続くとリスクが高まることが指摘されています。発がん物質や老廃物が長時間停滞していると、腸から再吸収されてしまうことがあり、ひいてはがんを誘発してしまうこともある訳です。こういったことから、現在では便秘の解消が直腸がんを予防するための一つの方法と認識されるようになっています。